TEL:03-3455-7700

受付時間:平日9:00~19:00

TEL:03-3455-7700

受付時間:平日9:00~19:00

IVRコラム COLUMN

「IVR」に関する記事一覧

IVR

コールセンターの省人化に役立つ「IVR」の活用法・注意点とは?

現在新型コロナウイルス感染症の影響により規模を縮小して営業しているコールセンターも多いと思いますが、小規模ながらも優れた顧客対応をするにはITツールの活用が欠かせません。そこで役...

IVR

オートコール機能を活用したらコールセンターのサービス品質も生産性もあがるワケ

コールセンターシステムの「オートコール機能」を活用することで、コールセンターのサービス品質や生産性を高めることが可能です。今回はその「オートコール機能」の具体的な利用シーンや、...

IVR

コールセンターの応答率改善に欠かせない「あふれ呼(あふれこ)」対応

コールセンターの売上や品質を左右する「応答率」。 応答率を改善するための施策として、コールの集中時に応対できなかったコール「あふれ呼」への対応施策は欠かせません。 そこで今回は、...

IVR

コールセンターの業務効率を改善する、IVR(自動音声ナビゲーション)活用方法とは

オペレーターの人材確保が難しい現在、応答数・応答率を高めるためにはコールセンターはスタッフの「業務効率化」に打ち込まなければなりません。 熱心な教育によってスタッフ1人ひとりの応...

IVR

【機会損失】すぐに導入したい、IVRを活用したコールバックへの対応とは

コールセンター業務で受電量が多すぎると、あふれ呼が発生し機会損失の増大や顧客満足度の低下につながります。これを解消するうえで役立つのが、IVRによるコールバック機能です。そこで本記...

IVR

CS調査の課題を解決!アンケート調査ならIVR(自動音声応答)の導入を

顧客満足度を向上するためには、CS調査により顧客の声を業務やサービスに反映させることが重要です。しかし、オペレーターが会話直後にアンケート調査をする方法では、調査内容の質や業務負...

IVR

あふれ呼・放棄呼の放置を低減するIVR(自動音声応答)システム。導入する上での確認事項を紹介!

コールセンター業務では、ピーク時を中心にあふれ呼や放棄呼といった顧客満足度の低下にもつながる課題が生じています。こうした課題を解消してくれるシステムがIVR(自動音声応答)です。本...

IVR

IVR(自動音声応答)で代表電話の受付を自動化。代表電話を自動化する上での確認事項を紹介!

多くの企業が設置している代表電話ですが、取次に時間がかかることやリモートワークの推進により対応する人がいないという課題があります。こうした課題を解決する手段が、IVR(自動音声応答...

「ITreview Grid Award 2022 Spring」にて、MediaCallsが表彰されました 「ITreview Grid Award 2022 Spring」にて、MediaCallsが表彰されました