IP-PBX

UPDATE :

IP-PBXとは、公衆電話網の電話をオフィス内のIP電話機(内線電話)へ振り分け、IPネットワーク上でIP電話端末の回線交換を行う装置です。

企業のLANケーブル上で内線電話網を実現する目的で使用され、専用装置(ハードウェア)によるものと汎用サーバでソフトウェアとして動作するものの2種類がある。

IP-PBXの種類

IP-PBXには、「交換機ベース」と「サーバベース」の2種類があります。

交換機ベース(ハードウェアタイプ)

PBXベンダが開発し提供している従来からのタイプです。電話交換の機能に加えて、スイッチはルータ機能なども提供しています。

サーバベース(ソフトウェアタイプ)

ソフトウェアだけをパッケージ化した製品を企業のサーバにインストールして利用することができます。ソフトウェアだけですので、従来型に比べて低価格でシステム化できることが魅力です。

このソフトウェアをあらかじめ、サーバにインストールして、アプライアンスとして提供している事業者もいます。企業側でサーバを用意したり、インストール作業をする必要がないため、構築期間を短縮できます。

IP-PBXのメリット

IP-PBXを導入することで、以下のメリットが挙げられます。

初期導入コスト削減

従来必要不可欠だった高額なPBX専用機器や電話工事が不要です。

運用コスト削減

業者任せだったPBXの設定変更がお客様自身で設定可能になります。

通話料コスト削減

IP電話サービスの場合、全国どこにかけても一律の通話料金が実現可能です。通話コストが削減できます!

内線番号の再設定不要

社内のフロアレイアウト変更時でも、IP電話機であれば、LANケーブルを差し替えるだけで利用可能です。

国内の離れた拠点や海外拠点も内線化

国内や海外に拠点展開をしても、IPネットワークの繋がる環境であれば、世界中どこでも内線化することが可能です!

他システムとの連携

CRMなどのアプリケーションとの連携が可能です。(顧客情報のポップアップ表示など)

【アーカイブ動画公開中!楽テル×MediaCalls共催セミナー】DX時代の電話窓口自動化による顧客対応~最新の「IVR」×「CRM」で運用するDX時代のコールセンターのご紹介~ 【アーカイブ動画公開中!楽テル×MediaCalls共催セミナー】DX時代の電話窓口自動化による顧客対応~最新の「IVR」×「CRM」で運用するDX時代のコールセンターのご紹介~